結婚式の祝電の送り方
2016.10.04

subimg01友人などが結婚式をすることを知ることがあるでしょう。まずは式の招待状をもらって知ることがあります。特別な用事がない限りは、できるだけ出席をします。そして直接お祝いの言葉をかけてあげましょう。しかし、行くことができない場合があります。また、招待状を受けない場合には行くことができません。人づてに知って、何とかお祝いの言葉を送ろうとすることがあります。その時には電報を利用します。送り方のポイントとしては、まずは情報をきちんと整理しておくことです。新郎新婦は誰か、新郎新婦の両親は誰かなどです。招待状をもらっていれば、それらの情報はわかります。親のことはわからなくても、相手の情報は多少あると文章を作成しやすくなります。その他、式の日、場所などの情報も入手しておきます。

情報が整理できたら、文章の作成を行います。この時知っておくと良いのが、業者が定型文を用意していることです。定型文の場合であれば、それを選ぶだけで送ることができます。ただ、定型文の場合は他の人と文章がかぶってしまうことがあります。その他大勢と同じで問題ないならよいですが、少しでも心のこもった文章を贈りたいと考えることがあります。その時にはあまり定型文を使わない方が良いでしょう。文章の書き方などは、インターネット上や本などで見ることができます。それらを参考にしながら、自分の言葉で作成するようにします。手紙やメールの場合は長々と書くことがありますが、電報の場合は簡潔にお祝いの言葉を作成するのが一般的です。無駄な言葉がないかなどもチェックして、一定量の文章になるようにしておきます。

文章が作成できれば、送る業者を選定します。以前は通信業者が独占的に行っていましたが、今は多くの業者がサービスを提供しています。料金であったり、台紙、その他別途プレゼントをつけることもできます。結婚式の祝電の場合であれば、花であったりぬいぐるみをつけることが多くなっています。多くの業者が同じようなサービスをしているので、それでは目立つことができません。より目立てるプレゼントをつけることも考えておきましょう。業者に関しては、どの業者を選んだからうまく送れないなどのことはありません。でも、よく知られている業者を選んだ方が安心はできます。昔から行っている通信業者が提供するサービスも充実していますから、選択肢の一つになるでしょう。比較サイトで各社のサービスを比較することもできます。

▲ ページトップへ