第1位 VERY CARD

  • 簡単に電報ができるサービス「VERY CARD」

  • インターネットから簡単に申込み可能なVERY CARD

  • VERY CARDは私たち世代にとって必要不可欠な存在です

効果 価格・保証 満足度 規模・実績 口コミ

VERY CARDに対するみんなの口コミ

家庭電話がなくてもインターネット経由で電報を依頼できる業者がいます。その業者の名前はVERY CARDです。VERY C...
VERY CARDは全国からインターネットを通じて簡単に電報を送る事ができるサービスです。さまざまなカテゴリーが用意され...
遠方の友人が結婚式を挙げた際に、VERY CARDで電報を贈りました。他社に比べると、種類も豊富でとても可愛らしいデザイ...

祝電と弔電を完全網羅した電報サービス

誰かの結婚祝い等で祝電が必要になる場合がありますが何を選べば良いか悩む方も居るでしょう。VERY CARDは、祝電や弔電にぴったりな電報を集めたサイトです。

第2位 ハート電報

  • 特別な日、特別な時に想いを伝えるなら電報

  • 電報のことならハート電報が豊富な商品をご用意しております

  • カワイイぬいぐるみに電報を添えてお届けします

効果 価格・保証 満足度 規模・実績 口コミ

ハート電報に対するみんなの口コミ

姪の小学校の入学祝いに、ハート電報を利用しました。姪が大好きなキャラクターの電報があったので、メッセージを添えて贈ったと...
仲良しグループの一人が、めでたく結婚。みんなのお祝いの気持ちが伝わる電報を探しました。「ハート電報」のぬいぐるみがセット...
いつもお世話になっていた会社の先輩が結婚されるので、お祝いの電報を贈ることになりました。「ハート電報」というネーミングが...

様々な種類の電報を扱っているハート電報

電報は、もらうと嬉しいものではないでしょうか。誰かに送りたい場合には、様々な種類の電報を扱っているハート電報を利用してはいかがでしょうか。

第3位 エクスメール

  • 日本から世界に向けて発信出来るのがエクスメールです

  • とても便利に活用でき喜ばれるエクスメール

  • 忙しい社会人に嬉しいインターネット電報サービス、エクスメール

効果 価格・保証 満足度 規模・実績 口コミ

エクスメールに対するみんなの口コミ

ハワイで結婚式を挙げる友人にメッセージを送りたくて、初めてエクスメールを利用しました。海外に電報を送ることが出来るサービ...
急な葬儀や結婚式など電報を送らなければいけない。困った時は今ならインターネットで簡単に電報が送れます。エクスメールは早く...
エクスメールというのは電報を送り届けるサービス屋さんの1つとなります。しかしここの特徴は日本国内だけでなく、外国の120...

国内外に簡単に電報を送ることができるエクスメール

電報を送るなら、エクスメールを利用してはいかがでしょうか。国内外に簡単に電報を送ることができて便利です。

For Denpo

効果 価格・保証
満足度 規模・実績
口コミ

良い電報を送るならFor Denpoで

電報は、もらったら嬉しいです。様々な種類の電報を扱っているFor Denpoを利用すれば、良い電報を遅れるのではないでしょうか。

どうして電報を使うの?

thumbnail01電報は様々なシーンで便利に利用する事が出来ます。では実際にどの様な使い方をするのでしょうか。この電報は様々なお祝いのシーンに利用される事が多くあります。結婚式に出席したいけど遠方で出席する事が出来ないなど、お祝いの気持だけでも届けたいと言う時に大変便利です。祝電と言う形で相手に送る事で、しっかり気持ちを届ける事が出来ます。

結婚式に合わせて祝電を送る事で、お祝いの気持をしっかり伝えていく事が出来ます。また、種類も豊富にあるのでどんなものが良いのか選んでいきましょう。素敵な心を込めたメッセージを送る事できっと相手にその気持を伝える事が出来るでしょう。また、結婚式だけではなく、各種お祝いの席に素敵なメッセージを送りましょう。

祝電を送る事は、その場の雰囲気に花を添える事が出来ます。せっかくの記念の場です。是非素敵なメッセージを送りましょう。おめでとうの気持を伝える場合、電話も良いのですが文字として相手に送るのもまた良いものではないでしょうか。相手を思う気持ち、おめでとうの気持など相手の事をしっかりと考えてメッセージを送りましょう。そうする事でより相手自分の気持を伝える事が出来るのではないでしょうか。

実はたくさんある電報の種類

thumbnail02メッセージを送るときの方法として、最も簡単なのは電話です。でも録音などをしないと残せません。手紙は残すことができますが、少し大変です。電子メールも残すことができますが、保存方法が限られていたりするのでこちらも残しにくいです。そこで利用するのが電報です。古くから使われていますが、今は慶弔で使われます。それぞれの目的ごとに種類分けされることもあります。

電話からも注文できますが、インターネットから注文するのが主流になります。選ぶときにはまず目的を選びます。結婚、お悔やみ、出産などがあり、それらをクリックすると目的に合った台紙が出てきます。沢山の種類からある台紙を選ぶことができます。お祝いであれば基本的にはどれを選んでもよいでしょうが、やはり結婚式用、出産用とでは少し異なります。目的で絞ってから選ぶ方が間違いがありません。

結婚の場合にはさらに選べるものがあります。それは一緒に送るギフトです。メッセージ以外に、物も一緒に送ることができます。ぬいぐるみであったり、花、その他カタログギフトをつけることもできます。本体自体はそれほど高くなくても、このギフト部分で少し高くなることもあります。他の人と異なるものを送りたいなら、マイナーな業者を選ぶとよいかもしれません。他の人と被る可能性が減ります。

シーンごとのオススメ電報

thumbnail03電報を送るシーンとして多いのは、結婚と弔電になるでしょう。どちらも式に出席できない場合などに贈ることができます。弔電の場合は、それほど多くの種類があるわけではありません。多少台紙の種類が選べますが、もちろん派手なものなどは選べません。高いものが良いなどのこともないでしょう。一方で結婚の場合はいろいろなものから選ぶことができます。

ランキングとして上位に来ているのがぬいぐるみです。送られてくるときに、一緒にぬいぐるみもついてきます。ですから、当日には沢山のぬいぐるみが置かれていることがあります。多くの女性はぬいぐるみが好きですから、喜ぶ人も多いでしょう。その他には花があります。生花を送れる場合もありますが、残すことができるドライフラワーであったり、ブリザードフラワーなどが人気です。

目立ちたい人にオススメなのがバルーンタイプです。とにかく目立ちます。また、その場を華やかにしてくれます。またスイーツを使ったものがあります。マカロンやチョコレートが並べられていて、それが文章になっています。結婚おめでとうであれば、7つのスイーツが入っていて、それぞれが文字になっています。食べるのが少しもったいないですが、少し変わったタイプとして人気があります。

初めて弔電を打つ方へ

thumbnail04知り合いの訃報が届けば、お通夜やお葬式に出席する準備をしなければいけません。しかし事情で行けない場合には、弔電を打つようにします。打ち方としては、まずは情報を集める必要があります。知り合いの名前を知っているだけでは送ることができません。それは、あて先は喪主になるからです。わからないときは、実家などに聞くこともありますし、別の知人から聞くこともあります。お葬式の会場、日程なども聞いておきます。

電報の打ち方は、いぜんは電話会社が行うサービスのみでした。今は多くの業者がサービスを提供してくれています。それを利用することで送ることができます。電話だけでなく、インターネットから送ることができます。インターネットを利用するときは、支払いはクレジットカードになります。電話会社の場合は、電話料金に加算して請求してもらうことができます。

送るときの文章ですが、わからなければ定型文を使います。自分で文章を作成するときには、基本的な敬称を間違えないようにします。普段使わない表現をすることもあります。使ってはいけない言葉として、言葉を重ねる表現は良くありません。たびたびの他、重ねてや続いてなども不幸が続くことを連想させます。電話であれば、担当者などが忌み言葉が入っていることを教えてくれる場合があります。

▲ ページトップへ